タグ:野の花・山野草 ( 72 ) タグの人気記事


2017年 09月 16日

四季の花山歩 ~曼珠沙華 咲き始め ~



四季折々の花ともなれば

やはり、この花を欠かす訳にはいかない ^^;

幸いにも、咲き始めの初々しい一群に遭遇!

いつもと違ったアングルで切り撮ってみた




ヒガンバナ(彼岸花)、ヒガンバナ科

別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)

b0338222_23273096.jpg



b0338222_23273054.jpg



b0338222_23273002.jpg



b0338222_23273230.jpg



b0338222_23273241.jpg





by andanteeno | 2017-09-16 23:34 | ●植物・花 | Comments(2)
2017年 09月 16日

四季の花山歩 ~ 沢桔梗 ひっそりと ~



 秋草でおおわれた細い山路は

 女郎蜘蛛たちの巣のトンネル・・

 竹の小枝で振り払いながら下りていくと

 いきなり、吾亦紅たちの嬉しい歓迎をうけた

 それを、さらに下っていくと

 お目当ての小さな池の畔に出る

 そこには、ようやく出逢えた沢桔梗がひっそりと






ワレモコウ(割れ木爪、吾亦紅)、バラ科

「我も恋う」と万葉集では詠まれたこともある由。

花弁が無いように見えるが、花穂は小さな花の集まりで、

これは花が終わってガク(萼)が残った姿。

b0338222_00585249.jpg



b0338222_01025622.jpg



ツルリンドウ(蔓竜胆)、リンドウ科
b0338222_00585380.jpg



b0338222_00585457.jpg




サワギキョウ(沢桔梗)、キキョウ科

高原の湿地でよく見かける野草で、

すらりと伸びた茎に、

さわやかな青紫色の花が長い穂になって咲き、

切れ込みの深い独特の花形が特徴。

b0338222_00592395.jpg



b0338222_00592228.jpg




b0338222_00585170.jpg




b0338222_00585593.jpg




b0338222_00585472.jpg






by andanteeno | 2017-09-16 18:40 | ●植物・花 | Comments(0)
2017年 09月 10日

四季の花山歩 ~ 森の妖精にパルピテーション! ~


日本固有種で、福島県~奈良県の太平洋側の山地に分布し

当地では絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています

そんなレンゲショウマに、当地の山間で出逢うことはあるまい、と思っていましたが

やはり、人が歩かない山間を山歩するのが好き、という山友先輩が教えてくれました

そして、初めてのその姿にパルピテーション!・・だったことは言うまでもありませぬ(古い)^^;

森の妖精とも称されるだけに、その姿はなんとも神秘的・・

時の経つのも忘れて、シャッターを切っていました^^;



レンゲショウマ (蓮華升麻)、キンポウゲ科

b0338222_22193979.jpg






b0338222_22193963.jpg






b0338222_22194073.jpg






b0338222_22194105.jpg






b0338222_22194276.jpg






b0338222_22194243.jpg






b0338222_22194393.jpg






b0338222_22194383.jpg






b0338222_22194196.jpg






b0338222_22200491.jpg





by andanteeno | 2017-09-10 22:35 | ●山旅・花山歩 | Comments(4)
2017年 09月 04日

四季の花山歩 ~ 待望のウサギゴケとカキラン ~


山友先輩に教えてもらったウサギゴケとカキランに、初めてお目に掛かった

ウサギゴケは、水場の近くの湿った岩の斜面に、ホントにひっそりと・・

よくよく観察しないと、あまりにも小粒で見逃してしまうほどだった

一度目は手ブレで大失敗、二度目は三脚を担いで行き、それでも何とかこの程度 ^^;

当地の山里も、そろそろ秋の装いだ・・





ウサギゴケ(兎苔)、タヌキモ科

花は5~8mmと小さく虫眼鏡で見なければ解りにくいが
まさに目や鼻までついたウサギの顔に見える。
ミミカキグサ 、 アミメミミカキグサ 、 シロバナミミカキグサ
などと同じのタヌキモ科の仲間で、
インド、セイロン原産。湿地に生える食虫植物で、
虫を捕らえるのは水中にできる捕虫嚢(袋)
b0338222_17063103.jpg








b0338222_17062748.jpg








b0338222_17063008.jpg








b0338222_17062816.jpg







カキラン(柿蘭)、ラン科

  別名:スズラン(鈴蘭)

花の色がオレンジ。
いわゆる柿色なのでこの名前がある。
湿原などの湿った場所に生え、
北海道から九州までの広い地域に分布
b0338222_17075587.jpg








b0338222_17062912.jpg








b0338222_17062979.jpg








b0338222_17062904.jpg








b0338222_17075577.jpg







ヒメヤブラン(姫藪蘭) ユリ科


ヤブランより小形という意味。
花の大きさは変わらないが、花の付き方がヤブランは
連続して付くのに比べ、まばらで少ない。
ランと名が付くが、これは葉が似ているからで、ユリ科の仲間
b0338222_17062897.jpg





by andanteeno | 2017-09-04 18:11 | ●山旅・花山歩 | Comments(2)
2016年 10月 21日

明神山 ~ 秋の花山歩 ~



久々の快晴となり、自主トレを兼ねて明神山 (752m) へ秋の花山歩♪
この日は風もなく、10月中旬とは思えない夏日に近い一日でしたが、さすがに吹く風は爽やかで、実に気持ちの良い花山歩でした。
なお、この明神山は低山ではありますが、かの田部井淳子さんを委員長とする選定委員会によって選定された、福島百名山の一つです。
今回はセンブリと山トリカブトを楽しみにしていましたが、センブリは丁度見ごろも、伐採作業の影響なのか山トリカブトは二株しか見れませんでした。(10/15)


<訃報>
田部井淳子さんが20日に亡くなられました-_-。
山を心から愛された方で、大震災と福島第一原発事故後は、福島の復興支援活動にも力を注がれ、平成24年からは毎年、県内の高校生らと共に富士山を目指し、山の素晴らしさを伝えられました。
そんな田部井さんは、今を時めく“山ガール”の先駆けでもありましたが、若葉マークの自分にも大きな励みとなる存在でしたので、本当に残念でなりません -_-。
心よりご冥福をお祈り申し上げます





遥かに太平洋を望む
b0338222_22514142.jpg
                                      (
Xperia



b0338222_22514208.jpg
                                      (Xperia



センブリ(千振)、リンドウ科
b0338222_21173507.jpg

b0338222_21173504.jpg


b0338222_21173615.jpg


b0338222_21143431.jpg


b0338222_21143540.jpg


センブリ(千振)、リンドウ科
b0338222_21143530.jpg

b0338222_21143889.jpg

b0338222_21143974.jpg

シラネニンジン(白根人参)、セリ科

b0338222_21143970.jpg

b0338222_21144013.jpg

マムシグサの実
b0338222_21144160.jpg

ヤマトリカブト (山鳥兜)、キンポウゲ科
b0338222_21144167.jpg

ヤマハッカ(山薄荷)、シソ科
b0338222_21173791.jpg


花びらと思いきや花後の綺麗な顎でした ^^;
b0338222_21144260.jpg

b0338222_21173847.jpg


b0338222_21173221.jpg


b0338222_21173429.jpg





by andanteeno | 2016-10-21 19:29 | ●山旅・花山歩 | Comments(6)
2016年 09月 28日

ジンジャーリリーのかほりに魅せられて




晩夏から秋にかけて咲き始めるジンジャーの花が、毎年楽しみです♪

仄かに漂い来る、清楚にして甘いかほりにつられてふらふら行く様は、

まるで小さな蝶のごとし・・^^;




ショウガ(生姜)、ショウガ科
別名:ジンジャー、シュクシャ(縮紗)
b0338222_14194911.jpg




b0338222_14195072.jpg






by andanteeno | 2016-09-28 17:40 | ●植物・花 | Comments(0)
2016年 09月 28日

路傍にひっそりと咲く韮(ニラ)の花




彼岸花の咲く頃になると、

田畑の畦道や路傍にひっそりと咲く韮(ニラ)の花・・・

何の変哲もないただの野草のようですが、

膝を落として花目線になってみると、そこには清楚にして可憐な姿が・・





ニラ(韮)、ユリ科
b0338222_14194987.jpg






by andanteeno | 2016-09-28 17:30 | ●植物・花 | Comments(0)
2016年 08月 20日

裏磐梯の自然 ~ デコ平自然ふれあい探勝路にて ~ 




6月以来再訪したデコ平自然ふれあい探勝路の花々などを集めました。



b0338222_11192983.jpg


b0338222_13240826.jpg


ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)、キク科
b0338222_12123299.jpg


オオウラギンスジヒョウモン(大裏銀筋豹紋)、タテハチョウ科
b0338222_12123179.jpg


ヤマハハコ(山母子)、キク科
b0338222_00290715.jpg

アキアカネ(秋茜)、トンボ科
b0338222_12123248.jpg


ノリウツギ(糊空木)、ユキノシタ科
b0338222_00290744.jpg


b0338222_13313358.jpg


ウメバチソウ(梅鉢草)、ユキノシタ科
b0338222_11192923.jpg



b0338222_13313149.jpg

エゾオヤマリンドウ(蝦夷御山竜胆)、リンドウ科
b0338222_13325045.jpg

シロバナトウウチソウ(白花唐打草)、バラ科 ?
b0338222_13325178.jpg

モウセンゴケ(毛氈苔)、モウセンゴケ科
b0338222_13325129.jpg


b0338222_13325101.jpg

シロヨメナ(白嫁菜)、キク科  別名: ヤマシロギク(山白菊)
b0338222_13325297.jpg


タチアザミ(立薊)、キク科
b0338222_12123237.jpg

ムシカリ(虫狩)、スイカズラ科 別名:オオカメノキ(大亀の木)
b0338222_13325232.jpg


b0338222_12370216.jpg



b0338222_13325004.jpg


安達太良山のお釜を望む
b0338222_13325355.jpg



by andanteeno | 2016-08-20 11:35 | ●風景・自然 | Comments(2)
2016年 06月 17日

西会津散策 ~ 安座のオトメユリ、弘法岩屋 ① ~


6/11に開催された「会津米沢街道・歴史ウォーク2016」の翌日、
お隣り新潟県との県境に近い、西会津町・安座(あざ)地区のオトメユリ群生地と
弘法岩屋という岩窟神社を訪れました

今回は、今秋予定している大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)奥の院への、
参拝下見を兼ねてのものでしたが、柔らかくも険阻な西会津の峰々の山容に、
あらためて魅せられた一日でした

安座のオトメユリは、会津では一般にヒメサユリと呼んでいますが、
日本特産のユリで、宮城県南部及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、
吾妻山、守門岳、朝日連峰周辺にしか群生していない貴重な植物で、野生種は環境省の
レッドリストでは準絶滅危惧種に指定されている貴重な品種・・との由



眼下に見える集落の裏側に安座集落があります
b0338222_22461484.jpg


安座集落からしばらく入ると、150段の階段があり、
った所に約3ヘクタールの群生地がありますが・・・
b0338222_22362191.jpg


訪れる人も少なく・・

残念ながら殆ど終わっていました ^^;
b0338222_22362255.jpg


オトメユリ(乙女百合)、ユリ科ユリ属
別名:ヒメサユリ(姫早百合・姫小百合)
b0338222_22362296.jpg

b0338222_22362220.jpg

b0338222_22362247.jpg

b0338222_22362389.jpg





by andanteeno | 2016-06-17 22:59 | ●風土文化探訪 | Comments(2)
2016年 05月 20日

四季の花山歩 ~ 背戸峨廊の自然 ② ~


滝巡りのあとの後半戦は、

状況確認を兼ねて登山道から入山してみましたが、

登山口から約2キロ地点まではなんとか行けました。

そして、思いがけないご褒美が・・!



ミヤマキケマン(深山黄華鬘)、ケシ科キケマン属
b0338222_21524650.jpg


b0338222_21524675.jpg

ホウノキ(朴の木)、モクレン科
別名:ホオノキ
b0338222_21524705.jpg


急登を経て、ほぼピーク地点を過ぎたあたりで、突然足元に現れました!
なんとも妖艶な立ち姿で、不思議な雰囲気を醸し出していました^^
こんなにも美しい姿のギンリョウソウは初めてでした。

ギンリョウソウ(銀竜草)、イチヤクソウ(一薬草)科
別名:ユウレイダケ(幽霊茸)
b0338222_21524782.jpg

このギンリョウソウは、タツノオトシゴのような姿で、
一見キノコの仲間のようですが、光合成をせず、
菌根で取り入れた有機物を取り入れて成長する
菌根植物(腐生植物)と言われますが、
れっきとした種子植物・・との由です。
b0338222_21524713.jpg


b0338222_21524725.jpg

b0338222_21533919.jpg


イワウチワ(岩団扇)、イワウメ科
残念ながら花は終わっていました

b0338222_21533970.jpg


下山の途中で逢った別な一群ですが、白馬のサラブレッドのようでもあります ^^
b0338222_21524615.jpg


b0338222_21524761.jpg


b0338222_21534031.jpg


b0338222_21533975.jpg




by andanteeno | 2016-05-20 00:14 | ●風景・自然 | Comments(2)