タグ:山歩き ( 30 ) タグの人気記事


2017年 06月 28日

四季の花山歩 ~ 山路の小紫陽花 ~



久々の花山歩

目当ての小紫陽花は

例年遅きに失するも、今年はちょうど見頃を迎え

山路になぞえに、ひっそりと

しかし凛として咲いていた

汗も引き、軽やかなる帰りの山路には

午后の陽射しに灯るかのごとく

琥珀色に輝く黄苺をば、恐る恐る口に含んでみる

ほんのりと甘く上品な酸味が、口いっぱい広がる

可憐しき小米空木たちも、精一杯に花弁ひらき

健気にいのちを輝かす








コアジサイ(小紫陽花)、ユキノシタ科
b0338222_22460244.jpg



b0338222_22460078.jpg




b0338222_22485123.jpg





b0338222_22455995.jpg




b0338222_22455972.jpg




b0338222_22485359.jpg




b0338222_22485211.jpg




b0338222_22484972.jpg




b0338222_22455894.jpg





b0338222_21543713.jpg





b0338222_22460318.jpg




モミジイチゴ(紅葉苺)、バラ科

別名:キイチゴ(黄苺)

b0338222_22455897.jpg




b0338222_21543726.jpg




b0338222_22485191.jpg





コゴメウツギ(小米空木)、バラ科
b0338222_22460254.jpg




b0338222_22485043.jpg









by andanteeno | 2017-06-28 19:09 | ●植物・花 | Comments(6)
2016年 12月 06日

第11回 いわき七峰(ななみね)縦走大会参加



あの大震災以来、ここ浜通りの山間部でも、風力発電所設置のための乱開発(地元の登山愛好者の方々や山岳会グループの方々が苦労して整備されている里山の登山道を、臆面もなく破壊していく様を見て、あえてこう言いますが・・)が進行しており、今年、中止が危ぶまれていた11回目の “いわき七峰縦走”が昨日、12/4に開催されました!
このイベントは、福島県山岳連盟・石城(いわき)山岳会主催ですが、県内外から人気のイベントであり、今回は約400名もの参加を得て、約60名ものスタッフの皆さんにより運営されました。

七峰とは、湯ノ岳(593m)~天狗山(631m)~三大明神山(706m)~二ツ石山(751m)~閼伽井岳(535m)~水石山(735m)~剣ヶ峰(603m)の七峰を縦走するもので、一般コースA(17km)、一般コースB(10.5km)、チャレンジコース(30km)、健脚コース(27.5km)の4コースが設定されています。
自分は昨年初参加で一般コースA(17k)に挑戦し、来年は30kmのチャレンジコースに挑戦します!・・なんて宣言してしまいましたが、まだ自信もなく、今年も一般コースA(17km)に挑戦しましたが、ゴールタイムが5時間16分で、昨年と殆ど同じでした ^^;
でも、いつもながら、ふかふかの落葉の絨毯を踏みしめていくのは、なんとも気持ちのいいものです ^^



石森山の絹谷富士山頂から望む “ いわき七峰 ”
b0338222_14051779.jpg
DP1-m


受付風景
b0338222_16482269.jpg

150台収容の駐車場は早々に満車・・
路駐を余儀なくされました ^^;
b0338222_16482363.jpg


開会式&留意事項説明
b0338222_16482494.jpg


b0338222_16482345.jpg
いよいよスタート!
b0338222_16482465.jpg
朝日を浴びながらのスタートは、実に気持ちいいものです♪
b0338222_16482581.jpg

GPS地図アプリによる山行軌跡です
b0338222_16482157.jpg

スタート地点からは直ぐなのですが、
一応、一座目の湯ノ岳山頂を真面目にチェック
b0338222_16482610.jpg


朝日に照り映える西の山々
b0338222_16482773.jpg

今秋名残りの紅葉林を抜けていく
b0338222_16482794.jpg


b0338222_21120071.jpg

CP-1で一息
b0338222_16503543.jpg

ここから天狗山山頂までは最初の難関急登 ^^;
b0338222_16503551.jpg

b0338222_16503651.jpg
笹と木立が美しい!
b0338222_16503674.jpg
なんとか、二座目の天狗山山頂到着 ^^;
b0338222_16503777.jpg

b0338222_16503712.jpg

b0338222_16503892.jpg

三座目の三大明神山山頂に到着 ^^;
b0338222_17012220.jpg

b0338222_16513479.jpg
ここから長い林道を暫し
b0338222_16513480.jpg
CP-2の三大明神三叉路
b0338222_16513545.jpg

林道を右折して二ツ石山入口を少し過ぎると、
左手に小さな池が出迎えてくれる^^
b0338222_16513586.jpg

笹と木立の美しい山道の先の急登を克服すると、四座目の二ツ石山
b0338222_16513648.jpg

二ツ石山山頂からはあとは急な下り坂 ^^;
b0338222_16513721.jpg

笹と木立ちの美しい下り坂が暫く続く♪
b0338222_16513763.jpg

b0338222_16513815.jpg

ふかふかの落葉の絨毯♪
b0338222_16513804.jpg

b0338222_16513467.jpg

今秋名残りの紅葉♪
b0338222_16523921.jpg

b0338222_16523970.jpg

b0338222_16523984.jpg

左折すると長い林道歩きが待っている ^^;
b0338222_16524009.jpg

b0338222_16524155.jpg

好間川の清流・・これを左に折れるといよいよゴール!!
b0338222_16524259.jpg







by andanteeno | 2016-12-06 20:25 | ●山旅・花山歩 | Comments(4)
2016年 11月 25日

深まりゆく秋の山路にて




深まりゆく秋の山路・・

穏やかなる午后の陽光は

燦々と地に降り注ぐ

樹々たちは

ここぞと有終の輝きを放ち

最後のいのちを燃やす


(湯ノ岳~天狗山の山間にて)





b0338222_15234238.jpg



b0338222_15234331.jpg



b0338222_20554469.jpg



b0338222_15234035.jpg




b0338222_15234104.jpg




ツルリンドウ(蔓竜胆)、リンドウ科
b0338222_17041320.jpg



b0338222_15234479.jpg




b0338222_20463798.jpg




b0338222_20463971.jpg




b0338222_20464084.jpg




b0338222_20464178.jpg




b0338222_20464188.jpg





b0338222_20464467.jpg





b0338222_20464328.jpg





b0338222_20554481.jpg




b0338222_20554142.jpg




木陰に越冬準備のキタキチョウが・・
b0338222_20554746.jpg





b0338222_23182947.jpg





by andanteeno | 2016-11-25 23:35 | ●風景・自然 | Comments(4)
2016年 11月 11日

晩秋迫る裏磐梯・デコ平高原



残念ながら曇りのち雨という天候で、期待していた錦秋の風景・・とはいきませんでしたが、晩秋迫る裏磐梯・デコ平高原を散策しました。
約半月前の風景ではありますが、記録保存まで・・あしからず ^^;



小野川湖畔にて
b0338222_13180535.jpg



b0338222_13180497.jpg



小野川河畔にて
b0338222_18453325.jpg




デコ平山頂駅にて
b0338222_13180768.jpg



ミズナラの枯れ木に茂る宿り木・・
この辺では「カラスのホヤ」と呼ぶらしい
b0338222_13180828.jpg



ヤマハハコ(山母子)、キク科
b0338222_09291953.jpg



b0338222_09314800.jpg


b0338222_09314668.jpg



b0338222_13180844.jpg



b0338222_13180977.jpg


デコ平湿原から西大巓を仰ぐ
b0338222_09291571.jpg


イヌツゲ(犬柘植)、モチノキ科
b0338222_09291669.jpg


b0338222_09314962.jpg


この絨毯を踏み締めたかった・・ ^^
b0338222_09291729.jpg


西大巓からの伏流水
b0338222_09314893.jpg


眼下に広がるカラマツ林
b0338222_09291888.jpg


b0338222_09291744.jpg


b0338222_13191410.jpg



小雨にしっとりと映える小野川河畔の紅葉
b0338222_13191600.jpg


b0338222_13191343.jpg




by andanteeno | 2016-11-11 17:40 | ●風景・自然 | Comments(6)
2016年 10月 21日

明神山 ~ 秋の花山歩 ~



久々の快晴となり、自主トレを兼ねて明神山 (752m) へ秋の花山歩♪
この日は風もなく、10月中旬とは思えない夏日に近い一日でしたが、さすがに吹く風は爽やかで、実に気持ちの良い花山歩でした。
なお、この明神山は低山ではありますが、かの田部井淳子さんを委員長とする選定委員会によって選定された、福島百名山の一つです。
今回はセンブリと山トリカブトを楽しみにしていましたが、センブリは丁度見ごろも、伐採作業の影響なのか山トリカブトは二株しか見れませんでした。(10/15)


<訃報>
田部井淳子さんが20日に亡くなられました-_-。
山を心から愛された方で、大震災と福島第一原発事故後は、福島の復興支援活動にも力を注がれ、平成24年からは毎年、県内の高校生らと共に富士山を目指し、山の素晴らしさを伝えられました。
そんな田部井さんは、今を時めく“山ガール”の先駆けでもありましたが、若葉マークの自分にも大きな励みとなる存在でしたので、本当に残念でなりません -_-。
心よりご冥福をお祈り申し上げます





遥かに太平洋を望む
b0338222_22514142.jpg
                                      (
Xperia



b0338222_22514208.jpg
                                      (Xperia



センブリ(千振)、リンドウ科
b0338222_21173507.jpg

b0338222_21173504.jpg


b0338222_21173615.jpg


b0338222_21143431.jpg


b0338222_21143540.jpg


センブリ(千振)、リンドウ科
b0338222_21143530.jpg

b0338222_21143889.jpg

b0338222_21143974.jpg

シラネニンジン(白根人参)、セリ科

b0338222_21143970.jpg

b0338222_21144013.jpg

マムシグサの実
b0338222_21144160.jpg

ヤマトリカブト (山鳥兜)、キンポウゲ科
b0338222_21144167.jpg

ヤマハッカ(山薄荷)、シソ科
b0338222_21173791.jpg


花びらと思いきや花後の綺麗な顎でした ^^;
b0338222_21144260.jpg

b0338222_21173847.jpg


b0338222_21173221.jpg


b0338222_21173429.jpg





by andanteeno | 2016-10-21 19:29 | ●山旅・花山歩 | Comments(6)
2016年 10月 04日

裏磐梯・八方台 ~ 猫魔ヶ岳



西大巓登頂の翌日は、一転して朝から曇り時々雨模様の天気でしたが、前日の荒行 ^^;の後の体力も何とか回復し、予定通り八方台から猫魔ヶ岳(1,404m)にトライしました。
朝のスタート時点では曇り乃至小雨でしたが、頂上到達ごろから本格的な雨となり、その先の猫石から雄国沼を眺めたかったのですが、これは次回のお楽しみとし、急ぎ下山しました。
この後は、東山温泉で汗を流し、会津若松でお友達の日本画個展を鑑賞して帰還。




こんな位置関係です^^
b0338222_17443280.jpg



しっとりとしたブナ林を気持ち良く♪
b0338222_17533728.jpg



ムシカリ(虫狩)、スイカズラ科
別名:オオカメノキ(大亀の木)
b0338222_17533846.jpg




b0338222_17533796.jpg




b0338222_17533631.jpg




b0338222_17533724.jpg



ホオノキ(朴の木)、モクレン科
b0338222_17533761.jpg



ムシカリ(虫狩)、スイカズラ科
別名:オオカメノキ(大亀の木)
b0338222_17533668.jpg




b0338222_17533743.jpg



ムシカリ(虫狩)、スイカズラ科
別名:オオカメノキ(大亀の木)
b0338222_17533721.jpg



黄金色に染まる磐梯町と小雨に煙る猪苗代湖
b0338222_17533776.jpg




頂上はもう直ぐ!
b0338222_17562649.jpg



最後の急登?^^;
b0338222_17562630.jpg



眼下に広がる会津平野
b0338222_17562638.jpg



猫魔ヶ岳頂上到達!
b0338222_17562552.jpg




b0338222_17505015.jpg




b0338222_17505055.jpg




頂上越しの磐梯山!
b0338222_17505039.jpg




遥か西方に数本の白っぽいポールのようなものが見えますが、
震災後、会津背炙山に設置された風力発電所です。
設置したエコパワー(株)はいわき地区の山々にも設置中で、
地元の山岳グループは、その乱開発ぶりに怒っています-_-#
なぜなら、地元の登山愛好家の皆さんが長い時間を掛けて整備してきた登山道などを、
傍若無人に破壊していくのですから・・
b0338222_17505009.jpg



ここからは、ゴールドライン沿いの花々です^^


このオオイタドリは北国に多く、西日本では見られない種・・との由。
タデ科の植物って、なんか好きなんですよねぇ^^

オオイタドリ(大虎杖 )、タデ科
b0338222_17505124.jpg




b0338222_17505288.jpg



こちらもタデ科・・^^

ミゾソバ(溝蕎麦)、タデ科

b0338222_17575814.jpg




b0338222_17575789.jpg




b0338222_17505173.jpg




b0338222_17505136.jpg




b0338222_17575800.jpg




b0338222_17575819.jpg





by andanteeno | 2016-10-04 19:00 | ●山旅・花山歩 | Comments(4)
2016年 10月 03日

裏磐梯・デコ平~西大巓(にしだいてん)~西吾妻山トライアル



鬱陶しい初秋の長雨がようやく明け、日本百名山の一つでもある西吾妻山(2,036m)へのトライアルは、久々の素晴らしい晴天に恵まれました!
しかし、西大巓(1,982m)からの眺望や、お楽しみの西大巓から西吾妻山に至るトラバースなど、魅力溢れる山旅・・・となるはずでしたが、体調不良によるものか、経験不足によるものなのか・・西大巓までの僅か2.4km、標高差約600mの、急峻にして滑り易く、ぬかるみの登山道は、我が身には大変堪えました。
結局、ツアーのお仲間にこれ以上のご迷惑は掛けられないと判断し、お仲間には予定通り西吾妻を目指して頂き、なんとか西大巓で合流することができました ^^;
いつか、同じコースでのリベンジを果たしたいと思います!
なので、自然観察の余裕は殆どありませんでした ^^;





b0338222_10135223.jpg






最初から急登 ^^;
b0338222_10335935.jpg





猪苗代湖が見えてきた
b0338222_10111565.jpg





このあたりで、早や心拍数は最大に・・ ^^;
b0338222_10111539.jpg





ムシカリ(虫狩)、スイカズラ科
別名:オオカメノキ(大亀の木)
b0338222_10111529.jpg





b0338222_10335960.jpg




ようやく西吾妻が現れた・・西大巓はもう直ぐ
b0338222_10111563.jpg





ムシカリ(虫狩)、スイカズラ科
別名:オオカメノキ(大亀の木)
b0338222_10111569.jpg






ようやく西大巓頂上!
b0338222_10111686.jpg





左から小野川湖、桧原湖・・その向こうのカルデラ湖は雄国沼
b0338222_10111635.jpg





眼下に黄金色に染まる会津喜多方平野を望む
b0338222_10111684.jpg





トラバース道の向こうに西吾妻小屋
b0338222_10111674.jpg





西吾妻・・また来るよ^^
b0338222_10135272.jpg





by andanteeno | 2016-10-03 12:37 | ●山旅・花山歩 | Comments(2)
2016年 06月 25日

裏磐梯 早稲沢・デコ平探勝路散策 ~ 爽やかな風の吹きわたるデコ平湿原 ・ ワタスゲたちと戯れて ~ 



前日の6/21は、裏磐梯エコツーリズム協会&北塩原村公民館共催の「雄国沼花山歩 ~あなたの知らない花を探そう~」講座に参加し、興味の尽きない、実に充実した一日でしたが、なにせ、平日にも関わらず、朝から雄子沢の登山口は路駐車も溢れるほどの銀座状態・・ ^^; 
肝心のニッコウキツゲの雄国沼湿原も、心ゆくまでののんびり散策とはいかず、若干消化不良気味でした・・ ^^;
しかし、次の日の目的としたデコ平湿原の素晴らしい自然は、期待に違わず、それを十二分に解消してくれるものでした!
早稲沢・デコ平探勝路へは、早稲沢登山口からのアプローチを試みるも、残念ながら木橋が流されていて進入不可の立て看板が有り、急きょ引き返し、グランデコからのゴンドラ利用で行こうと思いましたが、あいにく休止日のため、林道経由でデコ平口まで登りました・・車でしたが ^^;
しかし、西大巓、西吾妻山からの伏流水が絶え間なく湧き出る、清らかな名水・百貫清水、そしてワタスゲ、ハクサンシャクナゲ、レンゲツツジ、ガクウラジロヨウラクなどの湿原の花々は、熊五郎の恐怖とも闘いながらやって来た旅人の恐怖心と疲れを、一気に吹き飛ばしてくれました^^;
そして、爽やかにそよ吹く風と野鳥のさえずりだけの、静かで、何とも心地の良い空間・・・裏磐梯の素晴らしき自然からのおもてなし!・・これを全部独り占めしたような、何とも贅沢なひとときでした ^^

※ 山行の詳細は
「YAMAP」 をご覧頂ければ幸いです m(_ _)m

なお、後日談ですが、撮ってきた画像データを現像していたら、初めてお目にかかったツルコケモモの小群生の中に、なんと、モウセンゴケとおぼしき開花前の姿を見つけました!
是非とも、8月の開花時期にもう一度訪れたいです♪


相変わらず枚数が多くて恐縮ですが、よろしくお付き合いのほどを ^^;



b0338222_21550414.jpg


ミズキ(水木)、ミズキ科
b0338222_21550533.jpg


名水・百貫清水

何とも神秘的な佇まいです。
この清水を源水とする「小野川湧水」はS60年に、
国の名水百選の一つに認定された・・との由
b0338222_21550530.jpg


絶え間なく湧き出ずる西大巓、西吾妻山の伏流水
何ヶ所かの白砂から湧いています
b0338222_21550535.jpg


磐梯山の展望所より
b0338222_21550562.jpg


まもなくデコ平湿原へ
突然、大葉のお出迎え・・
カラーでしょうか・・
b0338222_21550674.jpg


ワタスゲのお出迎え ♪
ワタスゲ(綿菅)、カヤツリグサ科
b0338222_21550638.jpg



b0338222_21550661.jpg


水芭蕉に雰囲気が似ていますが
やはりカラー?
b0338222_22372763.jpg



ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)、ツツジ科
b0338222_22080596.jpg


ピンクの花・・
ツルコケモモ(蔓苔桃)、ツツジ科
そして、
モウセンゴケ(毛氈苔)、モウセンゴケ科

b0338222_22080619.jpg


食虫植物です・・エキスを吸われた小さな虫が ^^;
b0338222_22080697.jpg


爽やかな心地良い風にやさしく傾げるワタスゲたち
b0338222_22080620.jpg



b0338222_22080744.jpg



b0338222_22080608.jpg



b0338222_22135313.jpg



b0338222_22080728.jpg



西大巓を望む
b0338222_22135602.jpg



b0338222_22135425.jpg



b0338222_22135482.jpg


b0338222_22135452.jpg



b0338222_22135501.jpg


なんと瑞々しい!
ガクウラジロヨウラク(蕚裏白瓔珞)、ツツジ科
b0338222_22135500.jpg



b0338222_22135512.jpg


b0338222_22372566.jpg



b0338222_22372548.jpg



b0338222_22372610.jpg


ヤエハクサンシャクナゲでしょうか
b0338222_22372672.jpg



b0338222_22372616.jpg



b0338222_22485969.jpg


レンゲツツジ(蓮華躑躅)、ツツジ科
b0338222_22490073.jpg


ハクサンチドリ(白山千鳥)、ラン科
今シーズンはもう見れないと思っていたので、それは感激でした!
b0338222_22490045.jpg


名残りのラショウモンカズラ?
b0338222_22490039.jpg


レンゲツツジと向こうに
コバイケイソウ(小梅蕙草)、ユリ科

b0338222_22490153.jpg


ツボスミレ(坪菫)、ニョイスミレ類
別名:ニョイスミレ
b0338222_10435448.jpg



マイヅルソウ(舞鶴草)、ユリ科
b0338222_14253758.jpg



モミジカラマツ(紅葉唐松)、キンポウゲ科
b0338222_14253789.jpg


タニギキョウ(谷桔梗)、キキョウ科
b0338222_10404042.jpg



ミヤママタタビ、マタタビ科
b0338222_22490180.jpg



また会おう!
b0338222_10404090.jpg






by andanteeno | 2016-06-25 10:40 | ●風景・自然 | Comments(2)
2016年 06月 24日

裏磐梯 雄国沼花山歩 ~ ニッコウキツゲの雄国湿原 ~


6/21、裏磐梯エコツーリズム協会と北塩原村公民館共催による「雄国沼花山歩 ~あなたの知らない花を探そう~」講座に参加してきました。
雄子沢登山口をスタート・ゴール地点として、雄国沼せせらぎ探勝路から雄国沼に至るコースを、季節の山野草を観察しながらトレッキングするというものですが、植物学のみならず、自然科学や文学にも造詣の深いガイド先生のお話しに興味は尽きず、久しぶりに充実した一日を過 ごしました ^^

現在咲いている花は概ね54種位とのことでしたが、説明を聞く、メモを取る、写真を撮る・・で、結構目まぐるしく、結果、写真の出来映えは惨憺たるものでしたので、今回は湿原の風景だけアップしました ^^;

ちなみに、メモに取った種類は・・、ミヤマカラマツ、エゾアジサイ、ミヤママタタビ、フタリシズカ、ギンリョウソウ、サワフタギ、オニアザミ、ホウチャクソウ、コケイラン、ガクウラジロヨウラク、レンゲツツジ、ホロムイイチゴ、ニッコウキツゲ、コバイケイソウ、ヤナギトラノオ、ヒオウギアヤメ、サワラン、トキソウ、コナスビ、マルバフユイチゴ、クロモジ、アオダモ、ショウキラン、ユキザサ、ツルアリオドシ、ヨツバムグラ、オオヤマフスマ、ムシカリ、ナツトウダイ、チャルメラソウ、ヒトツバカエデ、ヤグルマソウ・・でした ^^



YAMAP先輩からお借りした軌跡データです
b0338222_12451519.jpg



b0338222_12004191.jpg


b0338222_12004142.jpg


b0338222_12004271.jpg


b0338222_16120548.jpg


b0338222_16120563.jpg


b0338222_16120639.jpg


b0338222_16120641.jpg


b0338222_16120683.jpg


b0338222_16120607.jpg


b0338222_16120648.jpg


b0338222_16120525.jpg


b0338222_12004078.jpg


b0338222_12004000.jpg


b0338222_12004167.jpg






by andanteeno | 2016-06-24 12:00 | ●植物・花 | Comments(4)
2016年 06月 17日

西会津散策 ~ 安座のオトメユリ、弘法岩屋 ② ~



6/11に開催された「会津米沢街道・歴史ウォーク2016」の翌日、
お隣り新潟県との県境に近い、西会津町・安座(あざ)地区のオトメユリ群生地と
「弘法岩屋」という岩窟神社を訪れました



安座集落から少し進むと水沢集落があり、
その少し先に岩屋への参道がありました
b0338222_22461619.jpg

                   景勝安座と弘法岩屋

                昔この地周囲一里余の沼があり
                神代より百尋(ひゃくひろ)の大蛇が住み沼の主なり
                宝亀十一年六月二十日大地震があり
                岩崩れて沼を埋め大蛇は死すと云う。
                其の後この霊日夜里人を苦しめ
                如何ともしがたきところ大同二年
                弘法大師の巡錫(じゅんしゃく)あり
                嶮岨(けんそ)なる岩窟に入りて
                護摩を修して悪霊を鎮む。
                大師は去るに及んで自らの姿を刻み岩窟に安置す
                其の後弘法岩屋と称し
                村名は沼岡村を安座村に改めたと云う。
                (現在蛇ヶ森に大蛇の遺骸を埋めたところ蛇塚と称してあり。)


参道の花
b0338222_22435286.jpg

b0338222_22461536.jpg


約70mの急登を登ると重厚な祠がありました
巨大な岩山をくり抜いて祠をお納めしたようです
岩質は加工し易い凝灰岩でしようか・・
b0338222_22435268.jpg


岩屋からの眺望
眼下に見えるのは水沢集落
b0338222_22461484.jpg


b0338222_22435378.jpg

b0338222_22435301.jpg

b0338222_22435335.jpg

b0338222_22435382.jpg

b0338222_22461419.jpg

周囲の山並み
b0338222_22461461.jpg

b0338222_22435388.jpg

b0338222_22435337.jpg

b0338222_22461511.jpg

b0338222_22461579.jpg


安座川支流で見た面白い紋様の地層・・
やはり凝灰岩質なのでしょうか
b0338222_22461688.jpg





by andanteeno | 2016-06-17 23:02 | ●風土文化探訪 | Comments(2)