タグ:会津路散策 ( 17 ) タグの人気記事


2016年 12月 02日

晩秋の古城にて ~ 束の間の名残り秋 ~



会津野の深き緑は
天高き陽光に照り輝き
蒸せかえるような夏は
惜しむ間もなく
駆け足で
香しく麗しき秋へと移ろう
そして 会津平野は
長く厳しき冬を迎え
古城には
もうすぐ 真白き雪の綿帽子
今・・ほんの束の間の名残り秋

(会津・鶴ヶ城址にて)





b0338222_00350406.jpg




b0338222_00350495.jpg






b0338222_00350634.jpg






b0338222_00350775.jpg




b0338222_00352106.jpg





b0338222_00352173.jpg




b0338222_11524573.jpg




b0338222_00352291.jpg




b0338222_00352230.jpg




b0338222_00380640.jpg




b0338222_00380827.jpg










by andanteeno | 2016-12-02 15:30 | ●風景・自然 | Comments(2)
2016年 11月 29日

孤高の柿木と古蔵の風景



会津喜多方は蔵の街・・
とある古い長蔵の傍ら
幾年もの風雪に耐え
凛として佇む孤高の柿木
独りあり

(旧嶋新・三十八間蔵にて)



b0338222_21423973.jpg





b0338222_21423931.jpg





b0338222_21424049.jpg


by andanteeno | 2016-11-29 23:51 | ●風景・自然 | Comments(0)
2016年 06月 17日

西会津散策 ~ 安座のオトメユリ、弘法岩屋 ② ~



6/11に開催された「会津米沢街道・歴史ウォーク2016」の翌日、
お隣り新潟県との県境に近い、西会津町・安座(あざ)地区のオトメユリ群生地と
「弘法岩屋」という岩窟神社を訪れました



安座集落から少し進むと水沢集落があり、
その少し先に岩屋への参道がありました
b0338222_22461619.jpg

                   景勝安座と弘法岩屋

                昔この地周囲一里余の沼があり
                神代より百尋(ひゃくひろ)の大蛇が住み沼の主なり
                宝亀十一年六月二十日大地震があり
                岩崩れて沼を埋め大蛇は死すと云う。
                其の後この霊日夜里人を苦しめ
                如何ともしがたきところ大同二年
                弘法大師の巡錫(じゅんしゃく)あり
                嶮岨(けんそ)なる岩窟に入りて
                護摩を修して悪霊を鎮む。
                大師は去るに及んで自らの姿を刻み岩窟に安置す
                其の後弘法岩屋と称し
                村名は沼岡村を安座村に改めたと云う。
                (現在蛇ヶ森に大蛇の遺骸を埋めたところ蛇塚と称してあり。)


参道の花
b0338222_22435286.jpg

b0338222_22461536.jpg


約70mの急登を登ると重厚な祠がありました
巨大な岩山をくり抜いて祠をお納めしたようです
岩質は加工し易い凝灰岩でしようか・・
b0338222_22435268.jpg


岩屋からの眺望
眼下に見えるのは水沢集落
b0338222_22461484.jpg


b0338222_22435378.jpg

b0338222_22435301.jpg

b0338222_22435335.jpg

b0338222_22435382.jpg

b0338222_22461419.jpg

周囲の山並み
b0338222_22461461.jpg

b0338222_22435388.jpg

b0338222_22435337.jpg

b0338222_22461511.jpg

b0338222_22461579.jpg


安座川支流で見た面白い紋様の地層・・
やはり凝灰岩質なのでしょうか
b0338222_22461688.jpg





by andanteeno | 2016-06-17 23:02 | ●風土文化探訪 | Comments(2)
2016年 06月 17日

西会津散策 ~ 安座のオトメユリ、弘法岩屋 ① ~


6/11に開催された「会津米沢街道・歴史ウォーク2016」の翌日、
お隣り新潟県との県境に近い、西会津町・安座(あざ)地区のオトメユリ群生地と
弘法岩屋という岩窟神社を訪れました

今回は、今秋予定している大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)奥の院への、
参拝下見を兼ねてのものでしたが、柔らかくも険阻な西会津の峰々の山容に、
あらためて魅せられた一日でした

安座のオトメユリは、会津では一般にヒメサユリと呼んでいますが、
日本特産のユリで、宮城県南部及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、
吾妻山、守門岳、朝日連峰周辺にしか群生していない貴重な植物で、野生種は環境省の
レッドリストでは準絶滅危惧種に指定されている貴重な品種・・との由



眼下に見える集落の裏側に安座集落があります
b0338222_22461484.jpg


安座集落からしばらく入ると、150段の階段があり、
った所に約3ヘクタールの群生地がありますが・・・
b0338222_22362191.jpg


訪れる人も少なく・・

残念ながら殆ど終わっていました ^^;
b0338222_22362255.jpg


オトメユリ(乙女百合)、ユリ科ユリ属
別名:ヒメサユリ(姫早百合・姫小百合)
b0338222_22362296.jpg

b0338222_22362220.jpg

b0338222_22362247.jpg

b0338222_22362389.jpg





by andanteeno | 2016-06-17 22:59 | ●風土文化探訪 | Comments(2)
2016年 06月 13日

「会津米沢街道歴史ウォーク2016」


b0338222_18494167.jpg


昨年果たせなかった、北塩原村主催、 “会津米沢街道歴史ウォーク2016” の15キロコースに挑戦してきました。
ウォークとは言っても、旧街道を辿る10&15キロコースは標高差で450mはありますので、殆ど山登りでしたが、この一年の基礎体力作りが功を奏してか、8ヶ所の旧街道を辿るフルコースを完歩することができました。
また、特筆すべきは、主催者である北塩原村さん挙げての素晴らしいおもてなしであり、感激一杯、心身ともに満足度100%の一日となりました。 北塩原村さんに心から感謝!!m(_ _)m

この街道は、会津若松から米沢市を結ぶ街道で、会津側からは「米沢街道」、米沢側からは「会津街道」と呼ばれていた会津五街道の一つですが、完歩するのがやっとで、あまり歴史に触れることができなかったので、次回は完歩のみならず、もう少し古の歴史を噛みしめる山旅にしたいと思います。

なお、今回、山旅アプリの一つである
「YAMAP」 を山行記録として試行してみましたので、GPSによる軌跡と標高図、あるいはポイント毎の記録写真などをご覧頂ければ幸いです m(_ _)m



b0338222_18491185.jpg
b0338222_20251216.jpg




by andanteeno | 2016-06-13 19:25 | ●歴史探訪 | Comments(2)
2015年 10月 04日

会津いにしえ街道を巡る ② (会津・鶴ケ城)



かの戊辰戦争において、
新政府軍(薩長軍)の猛攻によって破壊された会津・鶴ケ城は、
明治七年(1874)に建物部分を取り壊されたが、その後、
市民らの熱意によってその美しい白亜の姿がよみがえり、今年で五十周年を迎えた。
そんな折、久しぶりに会津のいにしえ街道を巡り、先人を弔いながら、古城を訪れた。

会津の血を引く者の一人として、いつの頃からか、当地は心の拠り所の一つである。
苔むす古城の静寂な佇まいに身を置くと、自ずと、常日頃の己の生き様を振返らされる。

b0338222_19201374.jpg

b0338222_19201343.jpg
b0338222_19201362.jpg
右奥に、雲に隠れた磐梯山
b0338222_19201392.jpg
古城の南東にそびえる小田山
薩長軍は、ここから三日間、砲撃し天守閣を破壊した

b0338222_19201355.jpg
b0338222_19201323.jpg
b0338222_19263931.jpg
b0338222_19201455.jpg
b0338222_19201414.jpg
b0338222_19201338.jpg
b0338222_19241096.jpg







by andanteeno | 2015-10-04 19:28 | ●旅 | Comments(5)
2015年 10月 04日

会津いにしえ街道を巡る ① (飯盛山~天寧寺~松平家院内御廟)


かの戊辰戦争において、
新政府軍(薩長軍)の猛攻によって破壊された会津・鶴ケ城は、
明治七年(1874)に建物部分を取り壊されたが、その後、
市民らの熱意によってその美しい白亜の姿がよみがえり、
今年で五十周年を迎えた。
そんな折、久しぶりに会津のいにしえ街道を巡り、先人の墓前に手を合わせた。


飯盛山(白虎隊自刃の地)
b0338222_17011346.jpg
白虎隊十九士墓所
b0338222_17011235.jpg

b0338222_19210781.jpg

b0338222_19181123.jpg
b0338222_17011359.jpg

天寧寺にて
b0338222_17011357.jpg


近藤勇の墓と土方歳三の供養塔

b0338222_17011397.jpg
b0338222_17011389.jpg

会津藩主 松平家墓所
b0338222_17011321.jpg
b0338222_17011324.jpg


最後の会津藩主で、第九代藩主 松平容保公の墓所
b0338222_19253662.jpg
b0338222_19253638.jpg





by andanteeno | 2015-10-04 19:14 | ●旅 | Comments(2)
2015年 05月 14日

マイ・うつくしまふくしまの風景 ~ 猪苗代湖と磐梯山 ~


私のうつくしまふくしまの風景の一つ・・
猪苗代湖の夕景や、その向こうにそびえる磐梯山の遠景・・
久しぶりに巡ってきた懐かしい情景を、記録に留めました。



b0338222_21205495.jpg
b0338222_21211969.jpg
b0338222_21213493.jpg
b0338222_21232316.jpg
b0338222_21223255.jpg
b0338222_21215095.jpg
b0338222_21225388.jpg




by andanteeno | 2015-05-14 21:56 | ●風景・自然 | Comments(2)
2015年 04月 17日

雪解けの会津路 ② ~ 飯豊山麓の春 ~


昨夕が美しい夕焼け空に変わったこともあり、
雨予報から一転して、まことに清々しい朝を迎えた。
雨であればもたもたせずに、
まっすぐ三春のカタクリの里に寄ってから帰るつもりだったが、
これは絶好の機会と、急きょ予定を変更。
もう何年も逢っていない、雪解けの会津路をしばし散策した。
長い冬を耐えて、ようやく遅い春を迎える・・・
白雪を冠した飯豊連峰、そして、その山麓から流れ来る
幾筋もの清流たち・・・
雪国の、この懐かしい風景が、自分はたまらなく好きだ。




四方を美しい山々に囲まれる会津喜多方平野
あの山並みの向こうは山形県米沢市
b0338222_00441080.jpg
b0338222_00162619.jpg
b0338222_00172418.jpg

雪解け水を湛えて流れる濁川(にごりがわ)
阿賀川(福島県側の呼称)に合流し、越後で阿賀野川となる
b0338222_00072204.jpg
b0338222_23285709.jpg


山都町の一ノ木橋梁越しの飯豊連峰・・
この橋梁周辺は、
SLが走るともなると撮り鉄達でいつも満杯・・
でも、中には極めてマナーの悪い者も・・
地元の人々が黙しながらも、眉を潜めているのが
分からない・・-_-#
b0338222_00091119.jpg


山都町早稲谷地区・・
根開き(根回り穴)が春の訪れを告げる
b0338222_00100349.jpg
b0338222_00210830.jpg
b0338222_00195196.jpg
b0338222_00204720.jpg

b0338222_00201526.jpg

b0338222_00093913.jpg


会津喜多方平野の東側にそびえる雄国山など
右上に磐梯山が顔を出す
田植えの頃は、
さらに素晴らしい風情を見せてくれる
b0338222_00214711.jpg


会津喜多方平野を雄国山麓側から臨む・・
この風景が自分の原風景
b0338222_00222346.jpg
b0338222_00110108.jpg
また来るな・・
b0338222_00120118.jpg


by andanteeno | 2015-04-17 20:45 | ●旅 | Comments(0)
2015年 04月 16日

雪解けの会津路 ① ~ 夕陽射す喜多方平野 ~

   
  久しぶりに訪れた会津喜多方・・
  低く垂れこめていた西空の厚い雲が切れ始め
  雲間から射し込んだ夕陽が
  喜多方平野を柔らかく包み込んだ
  待ち臨んでいた春が
  すぐそこに見えた・・


b0338222_23545176.jpg
b0338222_23550696.jpg
b0338222_23552942.jpg
b0338222_23554389.jpg
b0338222_23561069.jpg


by andanteeno | 2015-04-16 23:50 | ●旅 | Comments(0)