タグ:その他 ( 13 ) タグの人気記事


2017年 04月 26日

故田部井淳子さんメモリアル ②



山にゆく前に「万が一」を話したことは一度もない。が国内の山々の移動の車の中で私が死んだ

ら騒がず、身内(夫と子供のみ)で火葬し、仲間たちには一ヶ月後位におなかをすかして来て下

さい」と案内し、たらふくご馳走を食べて帰っていただく。山で風が吹いたり、沢の音が聞こえ

たり心地いいなぁ-と思った瞬間に「そういえば田部井さんとも歩いたな」と思い出してもらえ

たら最高だ。戒名もいらない。葬式もしない。お墓はこれまた夫が用意したものがあるのでそこ

に入る。はじめて登山に連れていってくれた恩師が「山」と書いてくれた字を刻んでもらってい

る。


(田部井さん自筆の遺稿からの抜粋。原文のまま)



b0338222_21562133.jpg
b0338222_21543036.jpg
b0338222_21553183.jpg
b0338222_21553149.jpg

b0338222_21562144.jpg
b0338222_21553083.jpg
b0338222_21543383.jpg
b0338222_21542917.jpg
b0338222_21543189.jpg
b0338222_21543193.jpg
b0338222_21552974.jpg

b0338222_21553362.jpg


b0338222_21543029.jpg
b0338222_21562209.jpg
b0338222_21553289.jpg
b0338222_21553370.jpg
b0338222_21553206.jpg

b0338222_21552946.jpg
b0338222_21543327.jpg
b0338222_21543228.jpg
b0338222_21543267.jpg
b0338222_21562354.jpg
b0338222_22163108.jpg

b0338222_21562264.jpg



by andanteeno | 2017-04-26 22:30 | ●ふくしまのこと | Comments(2)
2017年 04月 08日

国民主権、基本的人権、平和主義、この三つを無くさなければ、真の自主憲法にならない!?


NHKの「日曜討論」・・テーマによってはストレスになるので、最近はチャンネルを変えてしまうのですが、やはりやりましたね ^^;
でも、これで思い出しました! 現政権与党の皆さんの考え方・・
『国民主権、基本的人権、平和主義、この三つを無くさなければ、真の自主憲法にならない!』




忘れないように、再度、記憶に留めます。↓↓





by andanteeno | 2017-04-08 19:01 | ●その他 | Comments(0)
2017年 04月 07日

「自己責任」は言葉の使い方を間違えたのではなく、現政権の本音では?



一度口から出た言の葉は二度と戻らない・・と言うが、あなた方の場合、決して間違ったのではなくて、本音だろう!

被災者に寄り添って、一日も早い復興を・・!?

いつもながら、なんと空虚な言葉か -_-#














by andanteeno | 2017-04-07 11:10 | ●ふくしまのこと | Comments(2)
2017年 04月 01日

現政権が主導する強引な避難指示解除の陰で切り捨てられる人権


「一人も路頭に迷わせないで!!」
「復興の陰で犠牲になっている人がいる事を分かってください!!」

早く蓋を被せ、何も無かったことにしたい、現政権主導の強引な避難指示解除により、帰還できる者、帰還したくともできぬ者、そして、住宅支援打ち切りを強行される県外自主避難者たち。

かつての町民や村民は、情け容赦なくこの日を境に分断され、それぞれに、さらなる苦悩の日々が待ち受ける・・

一体誰がこんな酷い目に合わせるのか、行き場のない憤りと悲しみが襲う。

しかし、これが私たち福島の原発被害者の現実、そして原発事故によってもたらされる悲劇・・







by andanteeno | 2017-04-01 19:09 | ●ふくしまのこと | Comments(0)
2017年 03月 30日

この国は「復興」を諦めたのか? 帰還政策が奪った「福島の未来」


未だ燃料デブリの位置さえ確認できず、今後の廃炉の見通しが全く見えないなか、帰還政策だけが冷徹なまでに、着実に進んでいく不条理。

これを「帰還ファシズム」と表する方も・・・

これが、『福島の復興なくして日本の再生なし』とのたまってきた現政権による、未だに異土の地で辛い思いを強いられている、あるいは強制帰還後もご苦労されるであろう原発被害者に対する仕打ちです。

そして、これが七度目の春を迎える福島の偽らざる現状であり、再稼働を企む各地の原発が、一たび事故に見舞われた場合の惨状です。

以下にご紹介する山下祐介氏の小論文・・私たちのもやもやを一掃してくれる、秀逸なる分析だと思います。

是非ご高覧頂ければ幸いです。

現政権からの、耳触りのいい、心無いコメントやパフォーマンスなど、もううんざり・・沢山です!














by andanteeno | 2017-03-30 18:48 | ●ふくしまのこと | Comments(0)
2016年 12月 17日

ドキュメンタリー映画 「 知事抹殺の真実 」のご紹介



知事という職権に纏わる賄賂の類から、盆暮の付届けの類に至るまで、一切の授受を自らも厳しく律する高潔な人柄、そして、県民を護るためには命を賭してでも「盾」となる・・まさに「県民ファースト」に徹した県政運営により、5期18年もの間、県民の絶大なる支持を受けていた元福島県知事の佐藤栄佐久(えいさく)氏。

全国に先駆けての地方主権・分権の主張、大都市一極集中を招く道州制案の否定、そして、東電福島原発の度重なる事故とその隠蔽やデータ改ざんなどの不正を働く東電と、原発エネルギー政策は国策と言いながらも、その安全管理一切を東電に丸投げするという、国のずさんな管理体制に対して厳しく追及し、福島県と新潟県にある東電原発17基全部の稼働を中止に追い込んだこともありました。
このように、例え国の方針であっても福島県のみならず、地方の為にならないことには遠慮なく、真っ向から異を唱えたことで、佐藤氏は「闘う知事」とも呼ばれていました。

が・・2006年、第一次安倍政権が誕生した直後に、佐藤氏は身に覚えのない収賄容疑により、突然の辞任を強いられ、東京地検特捜部に逮捕されました。
そして、裁判の結果、最高裁から法理論上ありえない「収賄額は0円」、という前代未聞の有罪判決が下され、実質的に無罪、かつ、冤罪であることも事実上証明されながら、実態のない「有罪」だけが残ったのです。

東京地検特捜部の取り調べ中、佐藤氏の実弟に対して放った検事の言葉・・
「知事はなんで原発反対なんだ。知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する。」

この言葉に、この事件の真相が全て込められていると思います。

先日の試写会終了後、佐藤氏は「残りの人生を賭して、この汚名を雪いでいきます・・」と挨拶されましたが、この言葉が今でも私の心に残っています。

ここにご紹介する映画の詳細は以下のリンクサイト等をご参考頂ければと思いますが、10年後の現在に至ってもなお、明らかに罰せられるべき者が罪を免れ、政権の目障りになる者は弾圧される・・・このような風潮がますます顕著になっているような気がします。
もはや、この国は法治国家としての民主主義の正道から外れ、かつて歩んだ不幸の道を辿るのではと危惧します。

この記事を投稿することにかなり迷いましたが、もしも佐藤氏が福島県知事のままであったなら、あの3.11の福島第一原発のメルトダウンは防げたものと確信し、このことを少しでも多くの方に知って頂きたく投稿させて頂きました。
もし、この映画にご興味のある方は、いずれ全国各地で上映されると思いますので、その節は、是非ともご覧頂ければ幸甚です。

 

昨日、12/16の配信ニュースです。





もう16年も経つのですね。懐かしい映像です。





by andanteeno | 2016-12-17 16:53 | ●ふくしまのこと | Comments(4)
2016年 10月 13日

ボブ・ディラン おめでとう!!





ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞・・・

本当に嬉しい驚きでした!

あの頃・・

自分の中では、ボブ・ディラン、

そしてジョーン・バエズはまさに、神でした -_-,





♪ Blowing in the wind by Bob Dylan





♪ Blowing in the wind by Joan Baez





♪ Blowing in the wind by Peter Paul and Mary








by andanteeno | 2016-10-13 23:14 | ●音楽 | Comments(4)
2016年 02月 24日

あの「哲学の木」が・・・



とても残念です!


北海道の写真家、
ケント白石さんによると、

あの美瑛町の「哲学の木」が、

ついに切り倒されてしまったそうです!


大バカヤローのカメラマンたちが後を絶たず、

この樹が何度も窮地に立たされていたのは聞いていましたが・・・


いつの日かこの地を訪れ、

この樹をカメラに収めることは

もはや、叶わぬ夢となりました・・


この怒りと悔しさを、

一体、どこにぶっつけていいものやら・・(-’`-;)

b0338222_10360812.jpg








by andanteeno | 2016-02-24 20:40 | ●その他 | Comments(10)
2016年 01月 01日

波立薬師・波立寺にて


いわき市久之浜町にある波立薬師(はったちやくし)、医王山・波立寺(はりゅうじ)・・・
閼伽井、八茎とともにいわき三大薬師のひとつに数えられ、徳一上人による開基との由。
この本殿から国道6号をはさんで向かい側にある海岸が波立海岸(はったちかいがん)であり、
赤い鳥居のある弁天島は県内無二の初日の出の絶景ポイントとしても有名です。
でも、本来だとこの絶景もご紹介したいところですが、5年前の大震災時の津波にも耐えた鳥居は、
昨年の台風で一部が破壊され、見るに忍びないお姿になってしまったので止めました (^^;)
2枚目は珍しい5cmほどの達磨おみくじで、中におみくじが入っているのですが、
久しぶりに引いたら、出たことのない「大吉」でした!!
今年こそ最良の年になるものと確信し、大事に家に持ち帰って仏壇に供えました (^з^)♪



b0338222_00161802.jpg
b0338222_00161819.jpg

帰り道の夏井川河口の夕景
b0338222_16405831.jpg






by andanteeno | 2016-01-01 21:16 | ●その他 | Comments(0)
2015年 10月 21日

「涙そうそう」 ~バンドゥーラ演奏家のカテリーナさんによる弾き語り~


10/17~18に開催された、「いわき街なかコンサート in TAIRA 2015」。
初日、久しぶりにぶらぶらしていたら、近くの会場から、この街コンではあまり聴いたことのない、
とても洗練された美しい楽曲が耳に飛び込んできて、思わず足を止めてしまいました!

演奏者は見目麗しき、ウクライナご出身のカテリーナさん(Ms.Cateryna Gudziy)。
そして、弦が63本もあるバンドゥーラという民族楽器の演奏家であり、また、素晴らしい歌い手・・
まさに、ウクライナの歌姫でした!
この動画は、2日目に演奏されたウクライナ民謡など数曲の中のひとつで、ラストソングでした。
久々に良質の楽曲をライブで聴きましたが、彼女の演奏はどの曲も心に染み入るもので、
あらためて、音楽の力・・というものを実感させる素晴らしい演奏でした。
拙いマイ動画ですが、カテリーナさんのご諒解を得て、ご紹介します♪











by andanteeno | 2015-10-21 21:50 | ●音楽 | Comments(2)