2014年 01月 06日

鮫川中流域・沼部の野鳥たち

今年も野鳥たちが来てくれました。
しかし、例年に比べると飛来数は年々少なっています。やはり、温暖化の影響が少しずつ出ているのでしょうか。2014.01.05現在確認されたのは、オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オオバンです。オオハクチョウは鼻の黄色の部分が鼻孔まで伸びて長く、コハクチョウはこの部分が短く、オオハクチョウに比べるとやや小ぶりです。オオバンはツル目・クイナ科の野鳥で、その他はカモ目・カモ科ですが、観察しているとカモ科の一群には殆ど加わらず、一見寂しそうに彼らを遠巻きにして泳いでいます。また、オオハクチョウは一群の中でも気が強く、ちょっと怖い存在でした。

b0338222_15532941.jpg
b0338222_15534996.jpg
b0338222_15540006.jpg
b0338222_15541274.jpg
b0338222_15542446.jpg
b0338222_15543743.jpg
b0338222_15545168.jpg
b0338222_15550623.jpg
b0338222_15552000.jpg
b0338222_15553123.jpg
b0338222_15554313.jpg
b0338222_15555841.jpg
b0338222_15561077.jpg
b0338222_15562463.jpg
b0338222_15563938.jpg


# by andanteeno | 2014-01-06 23:50 | ●動物・生物 | Comments(0)