<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 26日

故田部井淳子さんメモリアル ②



山にゆく前に「万が一」を話したことは一度もない。が国内の山々の移動の車の中で私が死んだ

ら騒がず、身内(夫と子供のみ)で火葬し、仲間たちには一ヶ月後位におなかをすかして来て下

さい」と案内し、たらふくご馳走を食べて帰っていただく。山で風が吹いたり、沢の音が聞こえ

たり心地いいなぁ-と思った瞬間に「そういえば田部井さんとも歩いたな」と思い出してもらえ

たら最高だ。戒名もいらない。葬式もしない。お墓はこれまた夫が用意したものがあるのでそこ

に入る。はじめて登山に連れていってくれた恩師が「山」と書いてくれた字を刻んでもらってい

る。


(田部井さん自筆の遺稿からの抜粋。原文のまま)



b0338222_21562133.jpg
b0338222_21543036.jpg
b0338222_21553183.jpg
b0338222_21553149.jpg

b0338222_21562144.jpg
b0338222_21553083.jpg
b0338222_21543383.jpg
b0338222_21542917.jpg
b0338222_21543189.jpg
b0338222_21543193.jpg
b0338222_21552974.jpg

b0338222_21553362.jpg


b0338222_21543029.jpg
b0338222_21562209.jpg
b0338222_21553289.jpg
b0338222_21553370.jpg
b0338222_21553206.jpg

b0338222_21552946.jpg
b0338222_21543327.jpg
b0338222_21543228.jpg
b0338222_21543267.jpg
b0338222_21562354.jpg
b0338222_22163108.jpg

b0338222_21562264.jpg



by andanteeno | 2017-04-26 22:30 | ●ふくしまのこと | Comments(2)
2017年 04月 26日

故田部井淳子さんメモリアル ①



三春には三つの春があるという・・

梅の花の咲く春、桃の花の咲く春、そして、桜の咲く春・・

先日、故田部井淳子さんを偲びつつ、三つ目の春を訪ねた。

氏は、人生の後半戦を県内百名山にチャレンジしようと決意した遅咲きの自分の背中を押してく

れた、リスペクトする岳人の一人・・ -_-




b0338222_21441059.jpg



b0338222_21440962.jpg



b0338222_21441175.jpg



b0338222_21441181.jpg



b0338222_21441246.jpg



b0338222_21441302.jpg



b0338222_21441324.jpg



b0338222_21441496.jpg








by andanteeno | 2017-04-26 22:25 | ●ふくしまのこと | Comments(0)
2017年 04月 08日

国民主権、基本的人権、平和主義、この三つを無くさなければ、真の自主憲法にならない!?


NHKの「日曜討論」・・テーマによってはストレスになるので、最近はチャンネルを変えてしまうのですが、やはりやりましたね ^^;
でも、これで思い出しました! 現政権与党の皆さんの考え方・・
『国民主権、基本的人権、平和主義、この三つを無くさなければ、真の自主憲法にならない!』




忘れないように、再度、記憶に留めます。↓↓





by andanteeno | 2017-04-08 19:01 | ●その他 | Comments(0)
2017年 04月 07日

「自己責任」は言葉の使い方を間違えたのではなく、現政権の本音では?



一度口から出た言の葉は二度と戻らない・・と言うが、あなた方の場合、決して間違ったのではなくて、本音だろう!

被災者に寄り添って、一日も早い復興を・・!?

いつもながら、なんと空虚な言葉か -_-#














by andanteeno | 2017-04-07 11:10 | ●ふくしまのこと | Comments(2)
2017年 04月 01日

現政権が主導する強引な避難指示解除の陰で切り捨てられる人権


「一人も路頭に迷わせないで!!」
「復興の陰で犠牲になっている人がいる事を分かってください!!」

早く蓋を被せ、何も無かったことにしたい、現政権主導の強引な避難指示解除により、帰還できる者、帰還したくともできぬ者、そして、住宅支援打ち切りを強行される県外自主避難者たち。

かつての町民や村民は、情け容赦なくこの日を境に分断され、それぞれに、さらなる苦悩の日々が待ち受ける・・

一体誰がこんな酷い目に合わせるのか、行き場のない憤りと悲しみが襲う。

しかし、これが私たち福島の原発被害者の現実、そして原発事故によってもたらされる悲劇・・







by andanteeno | 2017-04-01 19:09 | ●ふくしまのこと | Comments(0)