カテゴリ:●植物・花( 128 )


2017年 01月 18日

この春を拾う ~ フラワーセンターにて 2 ~




ぬくぬくとした温室では、今、

ブーゲンビリアが旬の輝きを放っていました






b0338222_18291582.jpg
ブーゲンビリア、オシロイバナ科
和名:イカダカズラ(筏葛)、ココノエカズラ(九重葛)





b0338222_18291568.jpg





b0338222_18291574.jpg




ゴードニア・シセン、ツバキ科
b0338222_18291446.jpg





b0338222_18291471.jpg





by andanteeno | 2017-01-18 12:59 | ●植物・花 | Comments(7)
2017年 01月 17日

この春を拾う ~ フラワーセンターにて ~




豪雪に見舞われている皆様には

心苦しいですが

フラワーセンターで拾った

少しばかりの春を

一足早くお届けできれば幸いです




b0338222_18210709.jpg




b0338222_12082440.jpg




b0338222_12082548.jpg




b0338222_12082657.jpg




b0338222_12082697.jpg




b0338222_12082753.jpg




b0338222_12082295.jpg





by andanteeno | 2017-01-17 12:47 | ●植物・花 | Comments(2)
2016年 10月 11日

杜鵑草(ホトトギス)・・「秘めた意志」



背丈が膝位でもあり、木陰などに目立たぬように咲いているので、

よくよく目を凝らしながら散策しないと、つい通り過ぎてしまいます。

種類も多く正確な同定が難しいですが、この種は園芸種のタイワンでしょうか ^^;





ホトトギス(杜鵑)、ユリ科別名:ユテンソウ(油点草)
b0338222_13495110.jpg




b0338222_13495041.jpg




b0338222_13494924.jpg




b0338222_13495169.jpg






by andanteeno | 2016-10-11 19:45 | ●植物・花 | Comments(2)
2016年 10月 11日

秋明菊(シュウメイギク)・・「忍耐」



こういう菊の種類もあるのかと思っていましたが菊ではありませんでした ^^;

秋に、菊のような花を咲かせるというのが名前の由来で、キク科の仲間ではなく、

ニリンソウなどのキンポウゲ科の仲間・・との由です。




シュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科(金鳳花)
英名:Japanese anemone 漢名:秋牡丹
b0338222_13445847.jpg




濃いピンク色の花は京都の貴船地方に多いことから、
別名でキブネギク(貴船菊)とも・・
b0338222_13445818.jpg




b0338222_13445889.jpg




b0338222_13445902.jpg




八重咲きのものは園芸用に品種改良されたものが多いですが、
シュウメイギクはこちらが原種に近い・・とのことです。
b0338222_16580724.jpg





by andanteeno | 2016-10-11 19:30 | ●植物・花 | Comments(2)
2016年 10月 08日

♪赤い花なら曼珠沙華・・



やはり紅色の彼岸花・・否、曼珠沙華を観察に行ってきました。

どうしても、曼珠沙華らしい画を切り撮りたくて苦労しましたが、やはりそれなりの出来でした ^^;

なので、今年の四季の花記録としてだけ、残しておきたいと思います。

それにしても、実に難しい花ですねぇ・・ ^^;




b0338222_10535013.jpg




b0338222_10535021.jpg





b0338222_23290105.jpg





b0338222_23290134.jpg





b0338222_23290191.jpg





b0338222_23290177.jpg





ちょっと乙女チックになってしまいましたが ^^;

イメチェンのフォトムービーを創ってみましたので、ご高覧あれ  m(_ _;)m






by andanteeno | 2016-10-08 19:03 | ●植物・花 | Comments(4)
2016年 09月 28日

古寺の片隅にひっそり咲く白花彼岸花




紅花の曼珠沙華も悪くはないですが、白花のほうが自分は好きです

でも、なかなかお目に掛かれないのですが、

秋彼岸の古寺の片隅で、目立たぬようにひっそりと咲いていました






シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)、ヒガンバナ科
b0338222_16410905.jpg




b0338222_16410995.jpg




b0338222_16410965.jpg




b0338222_16410904.jpg







by andanteeno | 2016-09-28 17:50 | ●植物・花 | Comments(4)
2016年 09月 28日

ジンジャーリリーのかほりに魅せられて




晩夏から秋にかけて咲き始めるジンジャーの花が、毎年楽しみです♪

仄かに漂い来る、清楚にして甘いかほりにつられてふらふら行く様は、

まるで小さな蝶のごとし・・^^;




ショウガ(生姜)、ショウガ科
別名:ジンジャー、シュクシャ(縮紗)
b0338222_14194911.jpg




b0338222_14195072.jpg






by andanteeno | 2016-09-28 17:40 | ●植物・花 | Comments(0)
2016年 09月 28日

路傍にひっそりと咲く韮(ニラ)の花




彼岸花の咲く頃になると、

田畑の畦道や路傍にひっそりと咲く韮(ニラ)の花・・・

何の変哲もないただの野草のようですが、

膝を落として花目線になってみると、そこには清楚にして可憐な姿が・・





ニラ(韮)、ユリ科
b0338222_14194987.jpg






by andanteeno | 2016-09-28 17:30 | ●植物・花 | Comments(0)
2016年 06月 24日

裏磐梯 雄国沼花山歩 ~ ニッコウキツゲの雄国湿原 ~


6/21、裏磐梯エコツーリズム協会と北塩原村公民館共催による「雄国沼花山歩 ~あなたの知らない花を探そう~」講座に参加してきました。
雄子沢登山口をスタート・ゴール地点として、雄国沼せせらぎ探勝路から雄国沼に至るコースを、季節の山野草を観察しながらトレッキングするというものですが、植物学のみならず、自然科学や文学にも造詣の深いガイド先生のお話しに興味は尽きず、久しぶりに充実した一日を過 ごしました ^^

現在咲いている花は概ね54種位とのことでしたが、説明を聞く、メモを取る、写真を撮る・・で、結構目まぐるしく、結果、写真の出来映えは惨憺たるものでしたので、今回は湿原の風景だけアップしました ^^;

ちなみに、メモに取った種類は・・、ミヤマカラマツ、エゾアジサイ、ミヤママタタビ、フタリシズカ、ギンリョウソウ、サワフタギ、オニアザミ、ホウチャクソウ、コケイラン、ガクウラジロヨウラク、レンゲツツジ、ホロムイイチゴ、ニッコウキツゲ、コバイケイソウ、ヤナギトラノオ、ヒオウギアヤメ、サワラン、トキソウ、コナスビ、マルバフユイチゴ、クロモジ、アオダモ、ショウキラン、ユキザサ、ツルアリオドシ、ヨツバムグラ、オオヤマフスマ、ムシカリ、ナツトウダイ、チャルメラソウ、ヒトツバカエデ、ヤグルマソウ・・でした ^^



YAMAP先輩からお借りした軌跡データです
b0338222_12451519.jpg



b0338222_12004191.jpg


b0338222_12004142.jpg


b0338222_12004271.jpg


b0338222_16120548.jpg


b0338222_16120563.jpg


b0338222_16120639.jpg


b0338222_16120641.jpg


b0338222_16120683.jpg


b0338222_16120607.jpg


b0338222_16120648.jpg


b0338222_16120525.jpg


b0338222_12004078.jpg


b0338222_12004000.jpg


b0338222_12004167.jpg






by andanteeno | 2016-06-24 12:00 | ●植物・花 | Comments(4)
2016年 05月 13日

「四季の花だより」 ~ 滝富士にて ~



いずれの地域にも、ナントカ富士・・という

ご当地ご自慢の富士山がありますよね ^^


わが当地にもいくつか富士山がありますが、そのうちの一つ

「滝富士」標高306m、標高差229m・・ ^^;


日頃は足慣らしの里山ですが

四季の野の花に出逢うのも

また格別な楽しみの一つなんですよね♪

今回は、普段スルーしてしまう苦手なスミレ科を

念入りに観察してみましたが

よ~く観察すると、ホントに色んな種類のスミレがありますね♪

ても、このスミレの同定がまた、実に難しいんですよねぇ^^;

取りあえず、自分なりに調べて仮同定してみましたが

適切なアドバイスを頂ければ誠に幸甚です m(_ _)m



ニョイスミレ(如意菫)、別名:ツボスミレ
b0338222_14582497.jpg

チゴユリ(稚児百合)、ユリ科
b0338222_14582422.jpg

目の前に突然現れた、珊瑚のような花・・
いくら調べても分かりません・・ ^^;
b0338222_23303172.jpg


山頂までもうすぐ
b0338222_14582403.jpg

b0338222_23303236.jpg



スミレサイシン(菫細辛)、スミレ科

タチツボスミレにも似ているのですが、
ふくよかな感じがちょっと違うので・・

b0338222_23303266.jpg



これはアカメガシワの新葉です

アカメガシワ(赤芽槲)、トウダイグサ科
別名:ゴサイバ(五菜葉)、サイモリバ(菜盛葉)

「アカメ」とは新葉が紅色をしていることからで。
花の咲く時期には赤い葉ではなくなってしまう・・との由です
b0338222_23314689.jpg

コゴメウツギ(小米空木)、バラ科

コゴメ(小米)の名前のように小さな花で、
蕾や花の形もやはりウツギ(空木)に似ているが、
ウツギなどのユキノシタ科の仲間とは異なり、
バラ科の低木だが、やはり枝や幹に空洞がある・・との由です。
b0338222_23314638.jpg


タチツボスミレ(立坪菫)、スミレ科
b0338222_23314744.jpg


滝富士山頂
b0338222_23314702.jpg
山頂のツツジ
b0338222_23314705.jpg


ウマノアシガタ(馬の脚形)、キンポウゲ科
別名:キンポウゲ(金鳳花)
b0338222_23314799.jpg


山頂に咲いてたスミレ・・
コスミレ(小菫)、スミレ科

b0338222_22182521.jpg


b0338222_23314807.jpg
b0338222_23325351.jpg

下山途中の風景
b0338222_14582424.jpg

滝富士のふもとにて
b0338222_23325459.jpg

オドリコソウ(踊り子草)、シソ科
別名:オドリバナ(踊花)、コムソウバナ(虚無僧花)

花の形が笠をかぶった踊子に似ているところからの命名・・とのことですが、
別名の “虚無僧花” で、ようやく合点しました^^
b0338222_23325401.jpg

b0338222_14582468.jpg




by andanteeno | 2016-05-13 21:23 | ●植物・花 | Comments(4)